• 温泉
  • 観光したい
  • 体験したい
  • 健康になる
  • 食べたい
  • 買い物したい
  • 泊まりたい
  • 地場産業
  • イベント情報
  • アクセス

トップページ > 観光したい > 観光施設

観光したい

観光施設

水原代官所  

1 水原代官所
水原

延亨3年(1746)、現在の阿賀野市域のほとんどは、それまでの新発田藩領から、幕府が直接支配する天領となりました。そのため代官所が設けられ、年貢の収納や民政一般が行われました。残された資料に基づいて復元したのがこの施設。往時の様子を忠実に再現し、あたかもタイムスリップしたような驚きと感動があります。

■お問い合わせ    TEL:0250-63-1722
開館時間:AM9:30〜PM4:00(12月〜3月/AM10:00〜PM4:00)
休館日:月曜日(祝日と重なる場合は開館、翌火曜日休館)
入館料:一般300円、小・中・高200円 ※団体割引あり

2 ふるさと農業歴史資料館
水原

水原代官所に隣接するこの施設は、農具や古文書など、貴重な資料が展示されています。

■お問い合わせ    TEL:0250-63-1722
休館日:月曜日
入館料:無料

  ふるさと歴史資料館
ふるさと歴史資料館

古代、中世、近代の陶器がります。
当時の作風が良く解ります。
「四足瓶」も現在中あり。
四市町村の代表的な物を入れ替え展示しています。

越後府

■越後府
明治政府が明治二年1869年2月から明治3年3月まで設置した越後府(明治2年7月からは水原県と改称した)の庁舎の模型です。

物産館

■物産館
阿賀野市の特産品を販売しております。

水原常陸介親憲  

3 水原常陸介親憲
水原

1586年(天正14年)水原城主となった水原親憲は上杉謙信以来上杉家に仕え、(新発田重家の乱)など長谷堂森の戦いなど武功を上げました、上杉家が米沢に移封さるまで水原最後の藩主でした。
徳川の時代では徳川秀忠より大坂冬の陣にて味方の志気があがった事から感謝状が贈られました。

■お問い合わせ    TEL:0250-63-1722

4 五頭山麓うららの森
笹神

「ゆうふれあい即売所」「物産販売」「情報発信館」「体験学習館」の四つの施設をうららの森と呼んでいます。

■お問い合わせ    TEL:0250-61-3511
阿賀野市村杉3946-163
休館日:火曜日無料

  五頭山麓うららの森
物産販売

■物産販売
地元の物産をメインに販売しています。
お土産等が揃っています。

ゆうきふれあい即売所

■ゆうきふれあい即売所
地元産地の野菜の即売所です。
■花畑
芝生広場に作られ、四季折々の花が植えられています。

情報発信館

■情報発信館
観光案内、温泉、宿泊情報

五頭の麓のくらし館  

5 五頭の麓のくらし館
笹神

五頭山麓の自然と文化を知るさまざまな資料、文化財を展示しています。

■お問い合わせ    TEL:0250-62-2119
休館日:12月〜3月 休館
入館料:無料

五頭の麓のくらし館

江戸時代から明治・大正時代の照明器具を展示しています。

五頭の麓のくらし館

弥生時代・縄文時代の石器や土器を展示しています。

五頭の麓のくらし館

原始時代の竪穴住居など展示数は充実しています。

6 白鳥の里
水原

館内では白鳥の生態や保護の歴史、瓢湖周辺の自然などを大型パネルやマルチビジョンを使って詳しく紹介しています。

■お問い合わせ    TEL:0250-62-2490休館日:月曜日
入館料:無料

  白鳥の里
吉田東伍記念館  

7 吉田東伍記念博物館
安田

「大日本地名辞書」の著作、その業績を称えて生家の隣に建てられました。原稿や遺品の数々を展示しています。

■お問い合わせ    TEL:0250-68-1200
休館日:月曜日
入館料:一般300円 小中高150円

会員一覧

事業所名 郵便番号 住所 電話番号
汲艪、き企画 959-1928 阿賀野市村杉3946-163 0250-61-3511